特集

jSTAT MAPを使いこなして商圏の分析をしよう

  • 2021年3月9日
  • IT支援力アップミニ講座
 

新しく出店をしたいときや、地域でチラシを配布したいときには、商圏分析が重要となります。どの地域にどんなお客様層がいるのか事前に把握できれば、出店の戦略も立てやすくなります。またチラシを配布するときにも、どのエリアを優先的に配布すべきか決めることができます。
商圏分析を行うには、通常、GIS(Geographic Information System)、地理情報システムが必要になります。GISとは人口や地理データなどの統計情報を地図上にマッピングすることで、企業の出店戦略や販促戦略の検討を手助けするものです。ただし高額なものが多く、小規模企業が利用するのは難しい現状がありました。
しかし、最近では、データのオープン化が進み、コストを掛けずとも多くのデータを閲覧できるようになっています。政府の統計窓口、e-Statでは、国勢調査や商業調査などの様々なデータを無料で簡単に閲覧でます。
その中に、今回ご紹介する、jSTAT MAPというサービスがあります。このサービスは、政府の統計情報の一部を地図上に反映させて確認できるサービスです。まさにGISのシステムと言えます。
もちろん無料で活用することができますので、自分のお店の周りの商圏分析を一度やってみませんか?