本文へ

クラウド会計ソフトfreee

当サイトに掲載された情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、当機構はその責を負いませんのであらかじめご了承ください。

クラウド会計ソフトfreee

  • 経費精算
  • 建設業
  • 製造業
  • その他
クラウド会計ソフトfreeeロゴ

スマートフォンのカメラでレシートを撮影すると、OCR処理により日付や金額などを読み取って申請に活用することができます。交通費精算では、NFCに対応したAndroid端末で交通系ICカードの乗降車情報を読み込んだり、経路検索で定期区間を控除した区間を申請することも可能。経費の申請・承認ともにスマートフォンのアプリケーションで行えます。
会計アプリケーションの一機能であるため、承認された経費をボタン一つで帳簿に反映することもできます。同社の人事労務freeeと連携すれば、立替え分を給与とともに支払うことも可能です。取引先への支払依頼の機能は、エンタープライズプランのみ対応しています(請求書受領後の処理を担当がまとめて行うことは可能)。

会計アプリケーションの一機能として、経費精算を効率的に行うための機能が充実しています。

製品画像

  • 画面イメージ画面イメージ
  • 画面イメージ画面イメージ

製品情報

アプリケーション名 クラウド会計ソフトfreee
事業者名 freee株式会社
初期導入コスト 0円
ランニングコスト 47,760円/年
無料試用期間 あり
導入実績数 1,000,000事業所
外部連携対象アプリ ・Slack
・駅すぱあと
会計への連携は自社アプリ内
初期導入サポート ・初期設定
・データ移行代行(最大1期分・1回のみ)
導入後サポート チャット
メール
電話
スマホ・タブレット対応 あり
データ読込 あり
データ書き出し あり

※費用は5ユーザーを想定して計算しています。

その他の経費精算アプリ