ITプラットフォームへ移動
セミナー情報

【J-Net21より転載】オンラインセミナー:「2022年におけるIT・デジタルの展望」

  • 人材育成・雇用
  • 生産性向上・IT化
  • 関東

新型コロナウイルスの感染拡大により、企業規模問わずIT導入・デジタル対応が急速に加速したものの、その活用が課題となっています。2022年以降、コロナ禍を機に急激に変化した社会構造や生活様式を反映しながらIT・デジタル分野がどのように進展していくか、働き方、無人店舗、脱炭素といった視点から展望を解説いたします。尚、対象者は、東商会員限定(但し、非会員の方でも、会員にご加入いただくことでセミナーの受講は可能です)、参加費無料、申込期限1月30日(日)です。

【内容】
<パート1>
・2030年を展望した社会課題と産業構造
・働き方、テレワークの動向

<パート2>
・無人店舗、無人レジの本格化、多様化
・日本でのD2C(Direct2consumer)の急激な立ち上がり

<パート3>
・世界的な脱炭素シフトによるゲームチェンジ
・カーボンニュートラルとデジタルの境界領域
・EVシフトによる構造変化

※支援情報ヘッドラインに登録されている施策情報は、国や都道府県等のホームページやパンフレットから中小機構が収集し、掲載したものです。情報によっては既に募集を締め切っている場合がありますので、予めご了承ください。また、施策のご利用にあたっては、各施策の担当部署までお問い合わせください。

概要

日時
2022年01月06日  ~ 2022年01月30日
会場
オンライン開催(YouTube動画配信)
※申込者にセミナー動画閲覧用URLを送付
住所
定員
参加費
無料
申込締切
1月30日(日)
主催
東京商工会議所 中小企業のデジタルシフト推進委員会

講師

桑津浩太郎 氏

桑津浩太郎 氏

株式会社野村総合研究所 
研究理事・未来創発センター センター長
コンサルティング事業本部 副本部長
 
京都大学 工学部数理工学科卒業。
1986年にNRI入社。野村総合研究所 情報システムコンサルティング部、関西支社、ICT・メディア産業コンサルティング部長を経て、2017年研究理事に就任。ICT、特に通信分野の事業、技術、マーケティング戦略と関連するM&A・パートナリング等を専門とし、ICT分野に関連する書籍、論文を多数執筆。


J-netセミナー

J-Net21の「支援情報ヘッドライン」では、全国各地の支援機関によるITツール活用のためのセミナー情報をご覧頂けます。
このほかにも、補助金・助成金・イベントなどの情報が、地域別・分野別に検索できます。

オンライン動画