キャッシュレス決済導入により機会損失を解消し、事務作業も効率化

  • 2021年02月09日
  • 有限会社ウェーブ・ジー・グラス工房
  • 製造業
  • 決済(店頭クレジットカード)
  • 九州
alt=
動画を再生する

ウェーブ・ジー・グラス工房は「優しくおおらかな光」をコンセプトに、昭和61年(1986年)の創業から、ステンドグラスをはじめとする多彩なガラスの創作を行ってきました。高額商品が多い中、決済手段は現金のみということから、お客様のニーズに応えるべくキャッシュレス決済を導入しました。

alt=
代表:後藤ゆみこさん

弊社では、大型ステンドグラスから一般家屋の窓やドアのパーツまで、様々なサイズや種類の制作を行っております。デザインから施工までを行うため、マンションやビル、和風建築など、あらゆる空間環境に合わせた風景づくりが可能です。見た目がオシャレなだけでなく、採光しつつ視界を遮ることができたり、強い西日を和らげることができるというメリットがあるため、リフォームの際に選んでくださる方も増えてきました。ステンドグラスは脇役にとどまらず、建物の主役にもなれる存在です。弊社が手がけているのは、ほとんどがオーダーメイドであり、人の手でつくる唯一無二のオリジナリティを持つ作品の価値を多くの人に認められてきました。建築用のもの以外にも、工房に灯りのギャラリー「字。雲光」を併設し、常時50点のランプ等の作品を展示、販売しています。ステンドグラスを使ってつくられたランプは「YUMIKOのあかり」として多くの方にご愛顧頂いています。

【課題】高額商品の販売時に決済手段が限られていた

ステンドグラスを使った商品は、その多くが高額なものです。リフォームなどの建築関係の取引で問題を感じたことはありませんが、工房やギャラリーなどでお客様が商品をお求めになられる際に、決済手段がネックになっていました。工房は福岡県那珂川市不入道にあり、ロケーションがいいため、観光客の方や一般のお客様がお土産やプレゼントを求めて訪ねてくることも多く、現金の持ち合わせがないこともあります。ランプであれば、価格は3万円から4万円ほどになります。お越しになられた方が、持ち合わせがないという理由で購入を見送られるケースもあり、機会損失に繋がっていました。郵便振替用紙をお渡ししたり、事前に代金の一部を銀行振込で入金していただいたり、いくつかの方法を試しましたが、いずれもスムーズとはいえませんでした。機会損失をなくすために、手軽に扱えて、なるべく多くの決済手段が使用できるシステムを導入する必要性を強く感じていました。

【導入】時代の流れに対応する姿勢がIT導入を実現する

決済システムの導入はとてもスムーズに終わりました。ステンドグラスのように伝統的なものを作り続けていると、新しいものに抵抗があるというイメージを抱かれてしまうかもしれませんが、実際は変化に対応していくことに前向きです。ステンドグラス自体も、時代によって好まれるデザインや、お客様のニーズは変わっていきますし、そのような変化に対応してきた分、今回のように販売面での変化にもフレキシブルに対応することができたように思います。導入に際して分からないことがあれば、スタッフや詳しい知人に教わりながら進めてきたため、特に難しさを感じることもなかった印象です。
いくつかある決済システムのなかから、「Square」を選んだきっかけはスタイリッシュでコンパクトな機器のデザインでした。これなら工房やギャラリーに置いても違和感がないと思えましたし、実際に利用してみると使い勝手もよかったため、活用する際にも助かっています。

  • alt=
  • alt=

【効果】レジ締めの煩雑な業務の削減と売上の増加を実感

Squareを導入し、クレジットカードでの支払いができるようになってからは、来客数に対する売上が目に見えて大きくなりました。高額商品の場合には分割でお支払いいただくことも可能となり、これまで購入を躊躇っていたお客様にも、新たな選択肢を提示できるようになりました。全体の三分の一ほど、またオンラインショップも加えると、今では約半数がキャッシュレス決済によるものです。正確な数値は把握していないのですが、売上は2割から3割ほど上がったように感じています。また、ステンドグラス教室の支払いもキャッシュレスにする方が増えています。ポイントがつくと喜ばれ、思わぬ効果も得られました。
レジ締めなどの作業が軽減されたことも期待以上の効果でした。キャッシュレス決済の導入によって、取り扱う現金の量が減ったことで作業時間が短縮されたのです。導入前は、毎日売上の確認に時間がかかったり、翌日分の釣銭を用意したり、煩雑な業務が多かったのですが、それらはほとんどなくなりました。工房やイベントが終わってから、集計作業を行う負担がなくなったのは大きな変化です。さらに、税理士に提出する書類もシステムからプリントアウトすれば済むようになり、効率的に事務作業もできるようになりました。

【展望】ECサイトによる販路拡大でビジネスを全国に展開

今回のIT導入ではキャッシュレス決済の導入を行いました。この導入を通してIT活用がもたらす効果を実感しましたので、今後は他のサービスの活用も考えていきたいと思います。今はCreemaやBASEをはじめ、ECサイトを簡単に始められるサービスがたくさんあります。これらECサイトの強みは、全国のお客様に商品をお届けできることです。オンラインなら、各地のお客様からオーダーを受けることができます。ビジネスを全国に展開することも可能です。今後も作品を随時オンラインショップにアップして、たくさんの人に見ていただけるよう、品揃えを充実させていこうと思います。作品だけでなく、自分のこだわりや創作の背景、ストーリーを発信することで、新たなお客様に出会っていきたいと感じています。今後はそうした発信にも取り組んでいきたいと考えています。

社名:有限会社ウェーブ・ジー・グラス工房
代表:後藤ゆみこ
主な事業:ステンドグラスに関するデザイン・製作・施工
所在地:福岡県那珂川市大字不入道834
創業:1986年11月1日

事例に関連するアプリ