コストとリスクを最小限に抑えつつ情報発信の強化に成功

  • 2021年02月09日
  • 柔術&MMAアカデミーG-face
  • 個人向けサービス
  • SNS
  • 九州
alt=
動画を再生する

2018年設立の「柔術&MMAアカデミーG-face」は、ブラジリアン柔術、総合格闘技などのクラスから、フィジカルトレーニングの設備まで揃っているジムです。プロの格闘家を目指す方から、ダイエットや美しい体づくりを目指す方まで、幅広い層のお客様が利用しています。今後も事業の拡大を考えており、SNSの活用によるジムのキャンペーン等情報発信を強化しています。

alt=
代表:原田惟紘さん

柔術&MMAアカデミーG-faceでは、柔術クラスやMMAクラス(総合格闘技)、キックボクシングクラスなど様々な格闘技を学ぶことができます。建物の2階は、ベンチプレスやランニングマシーンなどフィジカルトレーニングに関する道具を揃え、体を鍛えられるスペースになっています。3階にはマットスペースがあり、柔術や総合格闘技の実践練習ができます。近隣のジムは夜間のみの営業が多い中、AM10:00から利用できるジムとして様々なライフスタイルの方にご利用いただいています。また、プロ格闘家を目指す方にとっては、格闘技の実践とフィジカルトレーニングが1つの場所で完結するということで、こちらも好評です。

【課題】サービスの魅力を伝えられるだけの情報を発信できていなかった

今までは折り込みチラシや、バスの車内広告などで宣伝を行ってきましたが、目立った成果を得られないことも多く、お客様を獲得できないままコストだけが増えていました。
ホームページに力を入れようと専門の方に話を聞いたこともありますが、果たして検索の上位になることで「格闘技を習得したい」と感じている方にうまく訴求ができるのかと、半信半疑で踏み込めなかったのも事実です。私たちがターゲットにしている方の多くは、インターネットで検索し、立地環境や設備・客層・練習方法など、様々な情報を比較して決定する傾向にあります。ですから、こちらからそれらの情報をしっかりと発信できていないと、せっかく興味を持ってくださったとしても、ご利用いただくまでに至らないこともありました。
もう一つの課題として「格闘技は怖い」というイメージを持った方が多いという現状があり、潜在顧客を足踏みさせていると考えています。そういった不安を取り除くためにも、正確な情報を発信し、格闘技の魅力を知っていただくことが必要不可欠です。

【導入】コストもリスクもゼロで集客を強化できる可能性を秘めたSNSの活用

私たちはInstagramを使うことにしました。プライベートでも利用していたので導入も比較的スムーズでした。今までは、集客の効果にかかわらず広告費に同じコストがかかっていましたが、SNSで情報発信すればコストを抑えられます。さらにInstagramには広告を掲載できるサービスもあります。広告を掲載する場合コストは掛かかりますが、詳細な設定が可能なので有益なツールになります。ターゲットの住まいとジムからの距離を設定できたり、年齢層を設定できたり、対象となる方の志向性を設定できたりと、さまざまな角度からアプローチができます。広告をクリックした男女比などもわかるため、経営の分析にも役立ちます。1週間で掲載を止めるなど、期間の融通が利くのも便利です。このように有益な点が数多くあったことも、Instagramの活用を決めた理由です。

  • alt=
  • alt=

【効果】2ヶ月で40名の新規のお客様からご利用いただきました

Instagramの導入により、ジムの様子やインストラクターの雰囲気など、写真や文章で様々な情報を迅速に発信できるようになりました。イベントの告知なども行っています。AIがユーザーの興味を分析し、格闘技に興味がありそうな方々にターゲットを絞って広告を提示することもあるため、知ってもらえる機会が格段に増えたと思います。設立1周年を記念してキャンペーン広告を出した時は、そのお得感からはじめようと思った方も多く、2ヶ月で40名ほど新規のお客様がいらっしゃいました。
実際の練習風景などの情報をたくさん発信できるようになったことで、格闘技に対して怖いイメージを持っていた方や、潜在顧客など、一歩踏み出す気持ちを後押しできたと思っています。現在も定期的に情報を発信していますが、ホームページとInstagramをリンクさせたこともあり、売り上げの増加につながっていると実感しています。直近では、さらにサービスの質を上げるため、誰もが閲覧可能な今までのジムのアカウントとは別に、会員専用のアカウントも作りました。それぞれのニーズに対応したコンテンツを提供することで、顧客満足度の向上にも成功しています。

【展望】SNSによる情報発信と戦略的なデータ活用により、さらなる事業拡大を目指す

SNSを使った場合でも、広告を出すにはお金が掛かる場合があります。しかし、自身で投稿を行う限りではすべて無料で情報を発信することができ、無料で行ったにもかかわらず、見た人に興味を持ってもらうことができます。このことにはコスト的なデメリットがないため、やらない理由はないのではないでしょうか。これからもSNSを使った情報発信を続け、さらに集客に注力していく予定です。それと並行してSNSを使ったプロモーションのデータも取っていきたいと考えています。今はコロナ禍ということもあり、まだ準備段階ではありますが、落ち着いたらそのデータをもとに新たな戦略も展開していくつもりです。また、プロの格闘選手育成にも力を入れたいと考えています。ほとんどの選手は、まだまだ副業を抱えていますが、プロの格闘家として生活できる環境づくりも目標の一つです。そのためにも、さらなる事業拡大が必要だと考えています。

社名:柔術&MMA アカデミーG-face
代表:原田惟紘
主な事業:トレーニングジム経営
所在地:福岡県北九州市八幡西区藤田3-3-1
創業:2018年8月

事例に関連するアプリ