IT活用を通じて安全な社会環境を実現する

  • 2021年04月19日
  • AEDレンタルサービス株式会社
  • その他
  • グループウェア
  • 四国
alt=
動画を再生する

AEDレンタルサービス株式会社は、AEDのレンタルと販売を行っている企業です。AEDを必要とするお客様に様々な形で提供することで、心臓突然死の防止と、後遺症のない社会復帰が望める社会環境を実現すべく、IT導入により全国展開を行っています。

alt=
代表者:春木八郎さん

弊社は2017年に創業し、AEDのレンタルを中心に、AEDに関する事業を行っている企業です。ECサイトを利用したAEDの販売のほか、短期から長期でAEDのレンタルを行っています。長期のレンタルでは様々な施設やスポーツチームなど全国35都道府県に約400台のAEDを設置させていただいており、中期では工事現場、短期ではマラソン大会や季節ごとのイベントなどで約200台のレンタル機をその都度ご利用いただいています。特徴としては、日本光電工業株式会社様が提供しているAEDリンケージという、遠隔でAEDに異常がないかを確認できるサービスを利用し、設置先のAEDの状態を管理し毎月点検レポートを配信していることです。これは、日本では弊社だけのサービスであり、設置者の方々からは「安心できる」との評価をいただいております。
弊社は、起業時に「AEDの設置企画と運営サポートを行うことにより、安全な社会環境を創造し社会の幸せに貢献する」という経営理念を掲げています。この4年間で4人の方が弊社のAEDによって救われ大きなやりがいとなっています。弊社では、AEDの必要性は高いが、既存大手会社の営業から漏れてAEDの設置ができていないお客様にしっかりアプローチすることを行っております。ただお客様の言われるがままに受け身でAEDを提供するのではなく設置方法などもしっかり提案し使えるAEDを広げていきたいと考えています。

【課題】少ない社員数で、宣伝や出張先での業務を行う必要があった

2017年に起業するにあたって、弊社は「AEDに特化した企業」になることを目標としました。事業をAEDひとつに絞ることを考えた時、本社オフィスのある徳島県だけでは事業が成り立たないのではないかと考えました。そこで全国に販路を拡大しようと考えましたが、2つの問題がありました。1つは、起業にあたってそれ程多くの資金がなかったため、宣伝のためにほとんどコストをかけられないということでした。2つ目として、事業を全国展開するとなると、必然的に出張が多くなります。既に述べた通り、資金面を考えれば、各地に事業所を構えて人を雇うわけにもいきません。そのため出張が増えて、外出先で仕事をする必要が出てきます。外出先でスムーズに業務に当たるためには、いつでもどこでも会社のデータにアクセスできる環境を整える必要がありました。

【導入】課題を1つずつ乗り越えながら導入を進める

課題解決の施策として、自社HPの立ち上げと、会社内データのクラウド化を行いました。AEDのレンタルという業界は、とにかくニッチな業界です。そのためSEOについては、比較的容易に上位に入ることができました。しかし、クラウド化については多くの課題に直面しました。当初、Excelで作成したデータをクラウド上に保存したものの、社員 がそれぞれ更新したデータの共有がうまくできませんでした。課題に直面するたびに一つひとつ解決策を模索し、焦ることなくそれぞれの課題を解決するためのITツールを導入しようと考え、グループウェアを「G suite」(※現在はGoogle Workspace)に集約しました。導入当初からすべての機能を使いこなすことはもちろんできませんでしたが、課題に合わせて少しずつ使う機能を増やしていったことで、段階的ではあるものの、大きな問題もなくシステムの利用を進めることができたと感じています。

  • alt=
  • alt=

【効果】IT導入によりコストを抑えて最大の成果を

起業に際して、銀行からの融資を受けるために、3年後の売上目標を設定していました。この目標はIT 活用を踏まえた上で立てた目標でしたが、導入したITシステムは期待していた以上の効果を上げてくれました。結果として、3期目で 目標として掲げていた売上の163%という驚異的な成果を出しています。最小のコストで最大の効果が発揮できたと感じています。ITを導入し業務を効率化したことが功を奏したと考えております。

【展望】中小企業こそIT活用を

今後も、お客様に応じた最適なAEDの設置方法や既存のAED事業者が営業をしていないお客様に提案する会社として、他社の後を追うのではなく、お客様の課題に応じた提案ができる企業を目指していきたいと考えています。そのためにも、自社ECサイトの強化とECモールの活用を通して、販売事業の拡大・強化を図っていきます。また、中期的にAEDを必要としているお客様に、レンタル用のAEDを安く中古販売するなどの施策も考えています。流通のバリエーションを増やすことで、様々なお客様のご要望にお応えできると考えて おります。ITを活用しながら、今後もどうしたらお客様にとってベストな方法でAEDをお届けできるか考えていきたいです。
これからIT導入をするかどうかで迷っていらっしゃるのであれば、是非ともすぐに導入することをお勧めします。特に弊社のように、社員数が少なく、出張の多い企業にとってクラウドサービスは必須のITツールです。導入によって、人件費を削減することも可能です。経費削減と業務効率化により事業のさらなる発展も期待できます。IT活用は難しそうだと足踏みをしている方もいらっしゃるかもしれません。そういった方には専門家の支援を仰ぐという方法もありますので、是非ともIT活用を積極的に考えていただきたいです。

社名:AEDレンタルサービス株式会社
代表:代表者 春木八郎
主な事業:AEDのレンタルと販売、及び遠隔管理
所在地:徳島県徳島市川内町平石住吉209番地5 徳島健康科学総合センター
創業:2017年

事例に関連するアプリ