ITプラットフォームへ移動
特集

Googleマイビジネスが、Googleビジネスプロフィールに統合されます!

  • 2021年12月27日
  • 中小機構 中小企業支援アドバイザー 村上知也
  • Googleマイビジネス
  • 集客
事業者の地図情報のイメージ画像

事業者の地図の情報を管理するGoogleマイビジネスのサービスが「Google ビジネスプロフィール」へ統合されます。
変更点などを確認しておきましょう。

ビジネスプロフィールとは

Googleビジネスプロフィールは、新しく生まれるサービスではなく、以前から存在しているサービスであり、自社のビジネスの情報を管理する仕組みです。ただし、今までは地図に関する情報の一部は、Googleマイビジネスからしか管理できませんでした。
今後は、Googleビジネスプロフィールに地図情報も含めて管理が集約されていく予定です。

現時点(2021/12/21)でGoogleビジネスプロフィールと検索すると、検索結果には、ビジネスプロフィールとマイビジネスが並列して表示されています。

Googleビジネスプロフィールと検索し、検索結果にビジネスプロフィールとマイビジネスが並列して表示されている画面のイメージ画像

なお、検索結果を開くと、画面ではビジネスプロフィールとなっています。

検索結果を開くと、ビジネスプロフィールとなっている画面のイメージ画像

Googleマイビジネスのデータはどうなる?

Googleマイビジネスがなくなるからといって、今までに投稿してきた情報や口コミが無駄に終わることありません。そのため、今まで通りにGoogleマイビジネスの更新は続けていきましょう。

ただし、スマホのGoogleマイビジネスのアプリはなくなる予定ですので、今後はスマホで更新する時は、ブラウザでGoogleビジネスプロフィールにログインして更新していくといいでしょう。

すでにブラウザでの操作はGoogleビジネスプロフィールに統合されつつありますが、従来と大きな操作の変化はありません。

Googleビジネスプロフィールを利用して情報を充実させるメリット

当サイトでは、Googleマイビジネスを活用するためのポイントは以前の記事でも紹介しています。
特集記事:Googleマイビジネス活用のポイント

改めて、活用のメリットを以下で紹介します。なんといってもGoogleでお店を検索すると通常の検索結果の前に、地図情報が出てきます。
地図情報での上位になると、お客様が見つけやすくなることは間違い無いでしょう。

<活用のメリット>

  • 検索したら検索結果1位より先に地図が表示され、お店が見つけられやすくなる
  • 経路案内(ルート検索)でお店まで誘導できる
  • 地図上から直接お店に電話できる
  • 営業中か表示される
  • 混雑時間帯が表示される
  • 口コミや点数が表示される
  • インバウンド客の検索にも自動翻訳で対応している
  • ”こんな感じ”検索ができる

地図や商品写真のほかでは営業時間や混雑情報もよく見られます。地図上で、「残り30分で閉店する」などの情報が表示されます。最近は営業時間を定期的に変更しているお店も多いと思いますので、間違いないように最新の情報にしておきましょう。

営業時間が間違っていると、まだ営業中なのに、地図上では閉店になってしまうこともありえます。

地図を使って集客するためには

<初めにやること>

地図上の店舗の情報を充実することが大事になります。例えば、店舗の説明欄は、700文字あります。できる限り詳細に店舗や提供サービスの説明をしておきましょう。他にも以下のような項目が店舗の詳細情報として用意されていますので、必要なところは全て埋めておきましょう。

  • 「ビジネス名(お店名や会社名)」、「カテゴリ」を登録
  • 「ビジネス拠点(住所・郵便番号)」、「サービス提供地域」を登録
  • 「営業日」、「営業時間」を登録
  • 「電話番号」、「ウェブサイト」を登録
  • 「商品」、「サービス・メニュー」を登録
  • 「ビジネス情報」、「開業日」、「特徴(属性)」を登録する
  • 新規ウェブサイトの作成(必要があれば)

なお、簡単なホームページも作ることができます。ほぼ自動生成ですので、自社のホームページがない事業者の方は、一度試してみるといいでしょう。

<継続的にやること>

一方、継続的に行うのは情報を最新に保ったり、写真や新メニューなどの情報を増やしたりしていくことです。地図での自店の情報を増やすことで、お客様から見つけてもらう可能性が高まります。以下の内容について発信を行いましょう。

  • 店舗情報を常に最新に保つ
  • 口コミに返信する
  • 写真の枚数を増やす
  • 投稿を継続する(お客様が探しそうな言葉を増やす)
  • 必要に応じてクーポンの登録やイベントの登録を行う

特に、地図上で検索された時には口コミの投稿内容が検索結果に表示されることもありますので、お客さまからの口コミには着実に返信しておきましょう。

最後に

ここまで、Googleのビジネスプロフィールへの変更内容や、集客のポイントをまとめてきました。

正直言って、ビジネスプロフィールの運用はそれほど大変なことではありません。何十店舗も運営されている方は、さておき、自店舗1店舗くらいであれば、運用を他社に頼む必要は全く無いと言えます。無駄なお金で外注するよりは、基本操作だけでも覚えて、自社のビジネスプロフィールを整えていきましょう。