特集

経営指導員の頼れるサポートに感謝! 事例から学ぶIT支援力

  • 2021年3月31日
  • 中小機構 中小企業支援アドバイザー 眞本崇之
  • 事例から学ぶ
alt=

はじめはだれでも初心者で、勉強をしたり、実際に経験を積んだりして少しずつ知識やノウハウを得られるようになります。
しかし、支援者としてアドバイスを求められたときに、せっかく頼って来られた相談者を「わかりません」と言って、放っておくわけにはいきません。
専門的な知識があれば困ることはないでしょうが、その分野の専門的な知識を持った人は限られます。

そこで活用できるのが、事例です。
導入事例から、IT支援力を磨いていきましょう。
今回のテーマは「支援者からのサポート対応」についてです。

IT用語として挙げられるSEO、SNS、サブスク、グループウェアのように横文字や専門用語を聞いただけで抵抗反応を持たれる方、また「パソコン操作や機械全般が苦手です」という方にとっては、IT導入は大きな障壁となってしまいます。
特に、IT部門を持つほどの従業員規模がない小規模事業者・中小企業の場合、経営者本人が先頭となってIT導入による生産性向上、業務効率化を進めなくてはならず、経営者本人のITリテラシーが経営面でも大きな影響を与えてしまうことがあります。

ITコンサルタントのようなITの専門家だけでなく、地域の金融機関、商工会・商工会議所などの担当者も、事業者様からは支援者としての役割を期待されています。

ITが得意な方ではない支援者であっても、成功事例を示せるだけで事業者様のお役にたてることができるようになります。

下記の事例では、IT導入にあたり、支援者と一緒になって検討から導入、フォローアップの支援を受けた企業の事例をいくつか紹介します。

事例1:ICカード解錠システムと勤怠管理を連携、勤怠の省力管理を達成

事例2:現場の意見を取り入れながらカスタマイズしたITツールでオフコンから脱却

事例3:ホームページ作成で新規顧客を幅広く誘引。写真入りメニューで客単価向上も実現

事例4:ITツールでの効率化が、売上増のための攻めの経営戦略につながる

ぜひ、導入支援の際には、ここからアプリもご活用ください。