特集

簡易カスタマイズで効果絶大! 事例から学ぶIT支援力

  • 2021年2月22日
  • 中小機構 中小企業支援アドバイザー 眞本 崇之
  • 事例から学ぶ
alt=

はじめはだれでも初心者で、勉強をしたり、実際に経験を積んだりして少しずつ知識やノウハウを得られるようになります。
しかし、支援者としてアドバイスを求められたときに、せっかく頼って来られた相談者を「わかりません」と言って、放っておくわけにはいきません。
専門的な知識があれば困ることはないでしょうが、その分野の専門的な知識を持った人は限られます。

そこで活用できるのが、導入事例です。
今回は「簡易カスタマイズが可能なアプリ」をテーマに、導入企業の事例を見ていきます。
導入事例を通して、IT支援力を磨いていきましょう。

自社の業務フローとIT化をどこまで合致させるか

IT化を進める際には、自社の業務フローにマッチするシステムであることが望ましいですが、自社の業務フローにあわせるためにはシステム開発が必要なケースもあり、開発にかかる費用面も気になるところです。

IT化を進める際には、自社の業務フローにあっていて、カスタマイズ不要で導入できるシステムが第一候補になります。

なかには、自社特有の特殊な業務や業種業界が異なるために一般的なシステムではうまくマッチしないケースが出てきます。
その場合、すでにパッケージ化されているシステムでは不十分で、自社の業務フローにあわせて独自にシステムを作るか、カスタマイズすることを検討される事業者もいらっしゃいます。
しかし、新たに独自システムを開発する場合や、すでにあるシステムにわずかな変更を加えるだけであっても、数百万円から数千万円の莫大なコストがかかってしまい、予算上、導入を断念してしまうことも考えられます。

オススメは、「簡易カスタマイズ」ができるアプリ導入

どうしても自社の業務にあわせて手を加えなければならないニーズには、設定変更などで簡易にカスタマイズが可能なアプリのなかから選んでみることをオススメします。
ここからアプリでは、多機能であるがゆえに変更、調整、設定が必要であって、自社で簡易的にカスタマイズが可能なアプリが掲載されており、検索できるようになっています。

極力コストをかけたくない、という場合には、カスタマイズをしない(またはカスタマイズ費用がほとんどかからない)安価なアプリに自社業務をあわせてしまうのも手です。

ここからアプリ掲載事例を紹介

以下には、大掛かりな独自システム開発を検討された企業が、比較的安価なクラウド型アプリを選定し、カスタマイズを加えて導入した結果、大きな効果を得られた事例を紹介します。
どの事例を見ても、導入後の明確な効果が書かれていて、IT導入の価値がよくわかる印象的な事例です。

事例1: 現場の意見を取り入れながらカスタマイズしたITツールでオフコンから脱却

事例2:BtoBに「Bカート」を導入。見積もり、発注増にともなう業務負担を抑え顧客満足度も向上へ

事例3:自社の業務に適したWeb受発注システムの活用

ここからアプリでは、IT活用に不慣れな事業者様でも簡単に導入ができる、例えば、付与されたIDパスワードでログインをするとすぐに使い始めることができるアプリだけでなく、一部、導入企業側で簡単にカスタマイズできるアプリが掲載されています。

必要な機能面とカスタマイズ費用とのバランスを見つつ、アプリを選定してみるとよいでしょう。