特集

『Googleマイビジネス』活用のポイント

  • 2020年11月19日
  • 中小機構 中小企業支援アドバイザー 眞本 崇之
  • Googleマイビジネス
  • 集客
alt=

Googleの地図上でお店を見つけてもらうこと、行きたいと思ってもらい、アクションを起こしてもらうための取り組み=MEO(Map Engine Optimization)対策をすることになります。
この記事では、Googleマイビジネスを活用するにあたってのポイントをお伝えしていきます。

オーナー登録をする

Googleマップ上では、Googleの一般ユーザーがお店を登録することができてしまいます。
そのため、「登録をした覚えがない」というオーナーさんもいらっしゃいます。
Googleマップには店舗登録がされていても、Googleマイビジネスをオーナーご自身で管理できていない場合には、オーナー登録という手続きが必要になります。

オーナー登録には、ご自身の店舗を開き、「このビジネスのオーナーですか?」から手続きをすることができます。
オーナー登録のために、Googleから所在確認の葉書が送られてきますので、葉書に書かれたコードを入力すれば、オーナー登録完了です。

Googleマップに掲載されていないお店の場合には、Googleマップのメニューにある「自身のビジネス情報を追加」より、新規登録することができます。

基本情報を正しく掲載する

オーナー登録が済みましたら、住所や電話番号、取り扱い商品のような基本情報を正確に掲載していきます。
営業時間は曜日ごとに設定が可能で、日毎に臨時の営業日、休業日の設定も可能となっています。
飲食店であれば、テイクアウトや宅配サービスをお知らせすることも可能です。
MEO(Map Engine Optimization)対策では、最低限必要な情報となります。
記載項目はある程度決まっていますので、漏らさずに登録をしておきましょう。

写真を掲載する

写真があるほうが、クリック率が上がる、と言われています。
実際に、掲載管理を始めたばかりのお店が、写真を多く掲載したところ、1ヶ月で写真の閲覧数が3倍超に増えた事例もあります。それだけお店選びの際に写真が見られているということです。

写真には、オーナーが投稿する写真だけでなく、お客様が撮った写真も投稿できるようになっていて、オーナーが写真をあげなくてもお客様がどんどんと写真を投稿してくれるようになります。
オーナー側としては、商品メニューの写真、店舗の外観、内観といった写真を一通り投稿しましょう。
また、お店選びに店内の雰囲気を重要視するお客様もいますので、店内の写真やスタッフ写真もいくつか載せておきましょう。

口コミを活用する

Googleマイビジネスの機能で重要なのは、口コミです。
Googleマイビジネスの口コミは、Googleアカウントを持っていれば誰でも投稿できます。
また、コメントだけでなく★のみの評価ができます。口コミに文章を書くのは気が引けてしまうお客様であっても、★だけの評価であれば気軽に口コミを投稿できる、というメリットもあります。
ただ、口コミに書かれたキーワードもMEOには有効と言われています。また、口コミで多く取り上げられているフレーズがピックアップ(画像参照)されますので、できればコメント入りでの口コミを集めましょう。

alt=

投稿機能を使ってお知らせする

Googleマイビジネスには、お店のページ内に投稿機能があり、ブログのような発信ができます。
文字数1500字まで、と制限はありますが、画像を付けたり、クーポンを付与したりできますので、予約や購買に繋げることができます。

alt=

間接検索で選ばれるお店を目指す

Googleマイビジネスでは、インサイトと呼ばれる分析ツールが付いています。
インサイトの分析条件の1つに、店名のように『直接検索』で検索・表示された回数と、関連するキーワードで検索される『間接検索』によって検索・表示された回数を分析することができます。

alt=

『間接検索』のキーワードとは、「地域+業種」や、お店(例:居酒屋)を連想させる「日本酒」「個室」のようなキーワードです。
集客ツールとして活用する場合は、まだお店のことを知らない人に見つけてもらいたいので、店舗を連想するような特徴あるキーワードから『間接検索』で選ばれることが重要になってきます。
MEO対策では、上記で記載してきたようなメニュー、投稿、口コミなどにお店の特徴が書き込まれることによって、『間接検索』での新規客獲得を目指しましょう。