本文へ

導入事例

【紹介】 府中のダンススクールのIT活用

  • その他
  • 会計
ダンススクールイメージ画像

有限会社ディーズエンターテイメントは東京都府中市にあるダンススクールを運営しています。ダンスに関するイベント事業や、インストラクターの派遣事業、スクールのコンサルティング事業を行っています。
当スクールは「人と人とのつながり」を大切にし、お客様に「学ぶ楽しさ」、「踊る喜び」をしっかりと伝えていくこと、その為に生徒・講師・スタッフがしっかりと手をつなぎ合い、お互いがお互いを尊重し合えるコミュニティーを提供し続けています。
一人一人の夢を大切にし、誰もが平等にその夢に向かって努力していけるよう応援していくスクールです。
キッズのクラスからシニアのクラスまで、一人ひとりに応じたカリキュラムを提供しています。

コストを抑えたIT活用を目指す

現状活用しているIT説明画像

当社は、ダンススクールの運営だけではなく、派遣事業や、コンサルティング事業を実施しています。そのため、社長の業務負荷が高く、効率的な業務運営が求められていました。
しかし、大きなIT投資をする余裕はありません。そのため安価に利用できるクラウドサービスを社長自らが試行して、実際に当社で使っていけるものか判断していきました。

・会計管理

いくつかの会計サービスを試行しましたが、最終的にFreeeの導入を行いました。社長は、自身で経理をするのは初めてだったため、Freee以外の会計サービスでは、「仕訳」が壁となり、会計の知識が不足するため、操作に行き詰まってしまいました。しかし、Freeeは極力、仕訳の知識がなくても活用できる仕組みになっているため、日常の経理業務を自分一人で行うことができるようになりました。

・情報共有

スタッフやインストラクターとの報・連・相はLINEグループを使っています。複数店舗での朝会は、テレビ会議システムのSkypeを使っています。さらにファイルのデータを共有するときはDropboxを使っています。どれもスマホでもパソコンでも確認することができるので、非常に効率的です。なにより、無料の範囲で活用しているのでコストがかかっていません。

・情報発信

自社のWebサイトはWordpressで自作して、情報発信をしています。プログラムなどを書く必要がなく、無料のデザインテーマを使って作成したため、レンタルサーバ等の費用しかかかっていません。( http://dz-ent.net/
会員募集にも、コンサルティングの受注にもWebサイトは非常に重要です。それが自社でやることで大きなコストをかけずにできるのは非常にありがたいですね。

さらに、クラウドサービスを使ってよかったことは、どこでも仕事ができることです。外出して、一日中、教室にいないときもありますので、経費処理だけでなく色々な事務処理が滞ってしまいます。その点、クラウドサービスなら、どこにいてもパソコンやスマホがあれば業務ができます。もちろん家でもできますしね。夜に教室に戻って事務処理することが減り、働き方改革につながっているなと実感しています。

【今後】さらに効率化を図っていく

ダンススクールイメージ画像

今後さらにITを活用していきたいと思っているのは、お金周りのサービスです。
消費税率引上げ時に、キャッシュレス決済を導入すると、5%還元されると聞いています。それまでに、クレジットカードや、スマホ決済でのレジ決済システムを組む予定です。
また、納税や振込で金融機関に行く手間と時間を削減するため、e-Taxでの電子納付、法人口座でのネット振り込みも導入予定です。
色んなITサービスがどんどん登場していますので、当社も乗り遅れないように情報をチェックして、取り入れられるものは積極的に試し、さらなる業務効率化を図っていきたいです。